お知らせ・最新情報
2019年5月23日
少し遅くなりましたが参議院総務委員会の今日の質疑内容。①信濃毎日新聞がスクープした靖国懇談会議事録が存在していた件で、当時の公文書の管理が余りにもズサンだった事が判明。懇談会の議論が事務方に誘導された可能性が強くなり、当時の中曽根総理の公式参拝を容認した官房長官談話が“無効”の疑いも。②統計問題に関連して、安倍総理の国会答弁に符合するように「修正エンゲル係数」という新たな指標が作り出され、総務省公式HPに発表されていた。統計職員..

2019年5月22日
明日の総務委員会で質問します。
一般質疑で取り上げる予定のテーマは3つ。
①先日、地元の信濃毎日新聞がスクープした中曽根内閣当時の靖国懇談会議事録の存在
②統計問題(先週発表された政府統計の点検結果と、修正エンゲル係数)
③5Gの日本での普及遅れ、です。
私の持ち時間は午前10時20分頃から45分間で、質疑の模様は参議院インターネット中継で見られます。宜しくお願いします。

http://www.webtv.sangiin.go.jp/webtv/index.php

2019年5月22日
今朝は8時からの党総務部会に出席。そして、途中退席をして国会見学に来た地元の茅野市玉川小学校の皆さんにごあいさつさせて頂きました。ほんとうは昨日のはずだったんですが、嵐に見舞われて道路が大渋滞になり結局、昨日は国会に来る事ができませんでした。その分、日程はタイトになりましたが、沢山の事を吸収して帰って欲しいと思います。

2019年5月21日
午前中の参議院文教科学委員会が終わりました。私は前回の白須賀政務官在京当番不在問題をきっかけにした、文科省と柴山大臣の危機管理を質しました。一言でいえば、原子力災害発生時に備えた柴山大臣の危機管理意識は余りにも希薄と言わざるをえない。文科省所管の原子力施設(例えば「もんじゅ」)で、もし事故が発生した場合には文科大臣が災対本部長代理として参集しなければならないのに、大臣の答弁はその責任逃れに終始しました。政務官も政務官なら、大臣も..

2019年5月20日
立憲民主党として今国会中の議員立法提出を目指している統計法改正案を巡って、各省庁のヒアリングをしました。基本的に日本の統計組織は「分散型」で、我々はこれを「集中型」に転換することを目指していますが、こうしてヒアリングしてみると現行の運用が各省庁ごとに全くバラバラであることが良く分かります。統計の信頼回復に向けた「統計大改革」の作業は並大抵ではありません。



活動報告カテゴリー別
SSL GMOグローバルサインのサイトシール
公式サイトの確認方法