杉尾ひでや最新活動報告
2019年8月15日
立正佼成会・長野中央教会の戦没者慰霊式典に出席しました。教会長さんと、若い世代からの話、そして私たち来賓も、それぞれに「戦争と平和」についてそれぞれの思いを語り合い、有意義な集まりでした。

2019年8月14日
東京で所用あり、1泊2日で滞在。これから長野に戻ります。お盆休みの最中で、しかも台風が日本列島に接近中とあって、早めに移動する人で東京駅はごった返しています。西日本中心に大雨との予報もあり、被害が出ないことを祈るばかり。

2019年8月12日
https://headlines.yahoo.co.jp/hl…
今日は日航ジャンボ機が御巣鷹山に墜落した日です。1985年8月12日。その2か月ほど前に長女が妻の実家がある広島で生まれ、私は生まれたばかりの長女に会いに行って広島から飛行機で東京に戻る途中、羽田空港で事故を知りました。そのまま羽田空港で徹夜取材し、翌早朝から御巣鷹の尾根の事故現場に登ったのを、今でも昨日の事のように思い出します。あの悲惨な事故から34年。500人を超す大勢の命が奪われた日航機墜落事故で、私が最も魂が揺さぶられたのが、墜落直前のダッチロール中の大揺れの機内で書かれたこの遺書でした。私がもし同じ立場だったら、あの状況でこれほど冷静でいられるか。そして、極限..

2019年8月11日
今日の軽井沢は全国各地からの車で大渋滞。そこで、喧騒の軽井沢を離れて長野に戻る前に佐久穂町の奥村土牛記念美術館に立ち寄りました。地元の黒沢酒造が所有していた邸宅を改装して作られたもので、建物とお庭だけでも一見の価値があります。もちろん、現代日本画壇の最高峰にあった奥村土牛の素描を中心としたコレクションは、日本画ファンのみならずとも必見です。

2019年8月10日
昨日からお世話になっている信州・秋山郷(栄村)切明温泉の秘湯の宿「雪あかり」。大自然に恵まれた秋山郷に惚れ込んだ飯山市出身の男性が、10年ほど前に移住して当館の支配人を務めていらっしゃるそうです。宿から少し歩いて河原に降りれば、あちこちから温泉が湧き出していて、スコップで川床を掘って自分好みの露天風呂を造ることが出来ます。アットホームな宿で、夕食で出された山で採った山菜の天ぷらも美味でした。宿の皆さん、有難うございました!

2019年8月9日
白馬の高山植物。ニッコウキスゲやエーデルワイスも咲いていました。

2019年8月8日
黒部ダムに来ています。こちらは今日は快晴。大町市の扇沢駅と黒部ダム駅を結ぶバスが今年リニューアルされて、新しい電気バスが運行を始めました。ダムでは毎秒10t以上の観光放水も行われていてド迫力です。新展望広場の特設会場で黒部ダム建設のドキュメンタリーフィルムを見て、改めて先人達が成し遂げた偉業に感銘を受けました。

2019年8月7日
かんぽ不正問題で党の財金・総務合同部会に出ました。かんぽ、日本郵政、日本郵便の幹部と、総務省、金融庁のヒアリング。この問題では9月末に中間報告が出されるほか、原因究明のための特別調査委員会が設置され、年内を目処に結果が発表される予定です。一連の不正の背景には過剰な成果主義と、局員に科された過大なノルマがあったとされ、私も国会審議に備えて情報収集に努めます。

2019年8月6日
5日間の臨時国会は今日まで。11時30分から予定されている本会議を前に、午前10時から各委員会や理事会が次々開かれ、会期末の処理が行われています。私たちも所属の委員会を大急ぎで回っています。

2019年8月5日
我が敬愛する世界的指揮者の小林研一郎さん、通称コバケンとその仲間たちオーケストラin須坂に行って来ました。会場の須坂市文化会館メセナホールの大ホールはほぼ満席。プルグラムも多彩な上に、地元の中学生が参加した合唱も素晴らしく、また最後の演目(チャイコフスキー作曲の荘厳序曲「1812年」)が終わるやいなや会場からのスタンディングオベーションが鳴りやまない、感動的なフィナーレでした。コバケンさんには公私共にお付き合いさせて頂いていますが、来年傘寿を迎えるとは思えないエネルギッシュさで、ますますのご活躍が楽しみです。

     次ページ≫


活動報告カテゴリー別
過去の活動
SSL GMOグローバルサインのサイトシール
公式サイトの確認方法