杉尾ひでや最新活動報告
2018年6月25日
※写真は国会TVモニターの接写です
参議院予算委員会の集中審議が行われています。立憲民主党は福山幹事長が質問に立ち、私も委員会室でやり取りを聞いていました。福山議員は沖縄米軍問題、米朝首脳会談、森友問題の3テーマを取り上げましたが、それにしても全部で33分間はあまりにも短すぎる。

2018年6月24日
今日の北信は良い天気です。その中を安曇野市で開かれている長野県腎協(腎臓病患者連絡協議会)の総会に来賓として出席しました。実は私の姉も腎臓病で長年、透析治療を受けており、とても他人事とは思えません。こうした患者さん達の為にも、出来るだけ早期の腎疾患総合対策の確立を求めて参ります。

2018年6月24日
午後は佐久市に移動して長野県視覚障害者福祉大会に出席しました。一昨年、障害者差別解消法が施行されましたが、去年の内閣府の調査を見ても、障がいがある方への差別や偏見が一向に解消されていないことが分かります。立憲民主党は共生社会を政策の一つに掲げており、我々はその実現に向かって一歩ずつ歩みを進めて行くことをお約束させて頂きました。

2018年6月23日
今日は早朝に長野の自宅を出発し、県内の若手農業者の生産現場を見て回っています。最初に来たのは上田市武石地区で、柿嶌洋一さんが経営する農業生産法人「エコーズフェス武石」。親子二代で米、野菜、花卉を栽培する複合経営をしています。柿嶌さんはJA長野県青年部の会長職でもあり、多忙を極めながらも他の仲間たちと共に地域の農業を盛り上げています。

2018年6月23日
長野県の農業生産現場回り二カ所目は、松本市内で稲作を中心に農業生産法人「塩原農場」を経営する塩原恵市さん。作業場の倉庫で稲作の現状や、国の農政の問題点、地球温暖化のことなど様々なお話しを伺いました。塩原農場さんはJA松本ハイランド管内でも規模が大きい方ですが、それでも法人経営は大変なようです。こうした意欲溢れる若手農業者の、元気とやる気を引き出す農政こそが求められています。

2018年6月23日
長野県の農業生産現場回り三カ所目は中野市。三井農園の三井透さんに桃の果樹園を案内してもらいました。すでに袋掛けが終わった状態ですが、話を聞くと桃の栽培はこの袋掛けを含めてかなり手間暇がかかるようで、そのぶん単価も高いのだそうです。三井さんはこの他にもブドウやプラムなどの果樹を栽培していて、今後の事業展開を熱く語ってくれました。ただ、地域性を考慮しない一律の補助金制度や、海外輸出の取り組みの問題点など、今の農政には課題が数多く..

2018年6月22日
連合上伊那地協の皆さんが国会見学に来られました。目下の国会情勢を手短にお話しし、最後に記念撮影しました。本当は昼食もご一緒するはずだったのですが、私は午後に大阪・読売テレビ「そこまで言って委員会」の番組収録があり、これから新幹線で大阪に向かいます。上伊那地協の皆さん、お疲れさまでした。

2018年6月22日
http://www.ytv.co.jp/iinkai/
大阪・読売テレビ「そこまで言って委員会」の収録が終わりました。午後3時から5時までたっぷり2時間。テーマは「ニッポン政界 偉人変人列伝」で、野党が過去の4人の政治家から学ぶものは、という内容です。旧民進党の渡辺周、松原仁の両代議士とご一緒させて頂きました。一部パネリストの発言に異論はありますが、ともあれオンエアは7月1日(日曜日)13時半からです。

2018年6月22日
木曽谷の夕焼けが綺麗だったので、思わず…。

2018年6月21日
今日は8時からの沖縄米軍基地問題議員懇談会に出席。辺野古建設工事にかかわる警備の人数水増し問題や、海草藻場の環境保全措置等について関係省庁からヒアリングしました。

     次ページ≫


活動報告カテゴリー別
過去の活動
SSL GMOグローバルサインのサイトシール
公式サイトの確認方法