杉尾ひでや最新活動報告
2019年2月8日
豚コレラ問題に関して県関係者から現状と対策をヒアリング
補正予算の審議が終わって、国会論戦の舞台は再び衆議院の予算委員会に移りました。昨日の私の本会議討論に皆様から様々なコメントを寄せて頂き、ありがとうございます。この演説内容には重要なポイントを幾つか盛り込みましたので、出来るだけ沢山の方に知ってもらえると有難いです。
さて、今日は朝から国会の所属委員会や、党がらみの仕事など打合せが続きます。また、地元にも飛び火した豚コレラ問題も心配で、午後は早めに長野に戻って県関係者から現状と対策をヒアリングする予定です。結果が分かりましたら改めてご報告します。
豚コレラ問題が拡大し、長野県に飛び火しました。昨日まで予算委員会に掛かりきりで対応出来なかったため、本日午後、長野県庁の農政部を訪ね現状を聞きました。それによりますと、発生が確認された宮田村の養豚場、及びこの養豚場から豚が出荷された松本市内の畜場における豚の殺処分と埋却、消毒作業はほぼ完了したようです。また、周辺を含む県内の他の畜産農家には今の所異常はありません。この豚コレラは人への感染はなく、また感染した豚肉を食べても 人体に影響はないとの事です。このため、風評被害等が起きないよう広報を徹底すると共に、野生のイノシシを媒介して感染が拡大する恐れがあることから、野生イノシシの調査 など対策を徹底するようお願いしました。





活動報告カテゴリー別
過去の活動
SSL GMOグローバルサインのサイトシール
公式サイトの確認方法