杉尾ひでや最新活動報告
2019年8月6日
臨時国会閉会
5日間の臨時国会は今日まで。11時30分から予定されている本会議を前に、午前10時から各委員会や理事会が次々開かれ、会期末の処理が行われています。私たちも所属の委員会を大急ぎで回っています。
短い臨時国会最後の議員総会と本会議。議員総会で冒頭、福山会派代表から①表現の不自由展の展示中止 ②北方領土へのメドベージェフ首相の訪問 ③日韓関係の三点を挙げ、これだけ懸案が山積しており、秋の臨時国会を待たずに閉会中審査で予算委員会を開くべき、との発言あり。
今日、午後に急きょセットされた両院議員総会。その冒頭で枝野代表から、国民民主党、社会保障を立て直す国民会議、社民党の各党会派に合流を呼び掛ける提案が出されました。若干の議員から慎重論も出されましたが、私が見た限りでは概ね前向きな受け止めだったと思います。その結果、今後の交渉は枝野代表に一任されることになりました。私も長野県の参院選では旧民主民進勢力として一体となって戦いましたし、選挙後のお礼のあいさつ回りでもほとんどの方から「早く一緒にやって欲しい」との要請を受けました。その意味では今回の提案は、今の安倍一強体制に対峙する勢力の結集に必要不可欠と考えています。今後の交渉の行方はまだ何とも言えませんが、期待をもって見て頂ければと思います。





活動報告カテゴリー別
過去の活動
SSL GMOグローバルサインのサイトシール
公式サイトの確認方法