杉尾ひでや最新活動報告
2019年9月25日
下諏訪町立下諏訪南小学校6年生の皆さんと、会議など
地元長野県の下諏訪町立下諏訪南小学校の6年生、4クラス110余名の皆さんが国会見学に来ました。私から日本の三権分立や衆議院と参議院の違い、それに法案成立までの過程など基本的な説明をしましたが、皆さんとても熱心に話を聞いてくれました。また、私がテレビ局に勤めていたことから、その関連質問もあり、予定時間があっという間に来てしまいました。皆さん今日の国会見学で沢山の事を吸収して帰ってくれるといいな。
臨時国会が近づいて来たので、久しぶりに加計学園「首相案件」問題・野党合同ヒアリングに顔を出しました。今回の内閣改造では。加計学園獣医学部の設置認可に深く関わった疑いが持たれている当時の萩生田官房副長官が、あろうことか文科大臣に就任しました。その萩生田大臣は就任会見で当該文書について、「私の名前を使って調整を図った人がいる。疑念をかけられ迷惑している」と自分の役所を非難しています。今日のヒアリングでもこの点に質問が集中しましたが、文科省の担当者は問題の文書について「備忘録であり著しく正確性を欠く。それ以上は関係者の記憶が定かでない」と繰り返すばかり。我々としては文書の作成の経緯や、どこの記述が事実と違うかなど引き続き説明を求めて行きますが、恐らく堂々巡りでしょう。なぜなら、萩生田大臣自身が事実と違う説明をしている可能性がきわめて濃厚だからです。この問題は引き続き国会でも大きな焦点になります。
院内で開かれている「99パーセントのための経済フォーラム~野党の経済関係議員と市民の政策シンポジウム」に顔を出しました。わが立憲民主党からは落合貴之衆議院議員がパネラーに。賃金を上げる方策や、社会保障と公平な税制、それに財政政策などを話し合っています。





活動報告カテゴリー別
過去の活動
SSL GMOグローバルサインのサイトシール
公式サイトの確認方法