杉尾ひでや最新活動報告
2019年10月13日
千曲川の堤防が決壊
長野市の穂保地区で千曲川の堤防が決壊。大量の水が住宅街に流れ込んでいます。報道によれば建物の二階で助けを求めている人がいるもよう。消防や自衛隊などがポートで助けに向かっているとの情報もあり、逃げ遅れた方は命を守るための最善の行動を取って下さい!
長野市内の千曲川の決壊で、新幹線の車両基地も浸水。多数の車両が水に浸かっている模様。逃げ遅れた方は自衛隊がヘリコプターを使って救助活動を開始しました。
長野市災害対策本部。現在、本部に詰めている樋口副市長によれば、穂保地区の堤防決壊はおよそ100メートルに及ぶ模様。お寺やグループホームなど取り残されている人達は自衛隊がヘリコプターで救助中。浸水が相当な広範囲に及び、去年の倉敷水害と同等規模になる恐れあり。長丁場になりそうだが、今はまず人命第一で、と私からもお願いしました。
長野市災害対策本部にて。現在、自衛隊は2つの中隊が、長沼地区と篠ノ井地区を中心に救助作業中。ヘリコプター以外にもボート合わせて7隻が、逃げ遅れた人たちの救助に向かっています。現在の千曲川の各所の水位はご覧のような状況。
この度の台風19号は、長野県にもかつてない甚大な被害をもたらしています。このような深刻な事態に直面して私どもは、国民民主党長野県連と立憲民主党長野県連合同で災害対策本部を立ち上げ、写真のプレスリリースを先ほど発出しました。被災者の救助、支援から、今後の被災地の復旧を含めて両県連で協力しながら全力であたって参ります。
国民民主党と立憲民主党両長野県連の台風19号災害合同対策本部を立ち上げて、第一回の会議を開催。今日は鈴木長野市議、埋橋長野県議らと手分けして長野市を中心に被害状況の把握。明日以降、羽田参議院議員、篠原衆議院議員らと共に被災地の視察を進めるスケジュールを確認。
坂城町ねずみ橋付近の千曲川。ここは少し水かさが引いてきているようにも見えますが、羽田雄一郎議員からの連絡によれば、上田市内もまだまだ油断出来る状況ではないとのこと。引き続きの警戒を宜しくお願いします。





活動報告カテゴリー別
過去の活動
SSL GMOグローバルサインのサイトシール
公式サイトの確認方法