杉尾ひでや最新活動報告
2020年3月12日
全ての委員会がストップしています
国会は昨日の森法務大臣の発言(「東日本大震災の時、検察官が市民より先に逃げた」)を巡って、今朝から衆参の全ての委員会がストップしています。
今日は午前中から衆参ともに動いてません。断続的に党の会議が開かれていますが、まだ衆院本会議もセットされておらず、これを受けての参議院内閣委員会もまだ開かれていません
結局、本日は委員会もないまま散会となりました。本日予定されていた内閣委員会の新型コロナウィルス特措法の審議は明日、まとめて行うことになりました。それにしても森法相の問題は厳重注意で済むことなのか?私には到底そうは思えません。
内閣委員会の理事懇談会で明日の委員会をセットして、メディアの取材を受けました。
新型コロナウィルス特措法を審議する明日の内閣委員会のスケジュールが決まりました。先ほど衆議院本会議で可決されたのを受けてのものです。この法律を巡っては安倍政権の危うさと、この法律の特に私権制限の部分を巡って、様々な批判や懸念の声があることもよく分かります。その一方で、この法律の土台となる新型インフルエンザ特措法を作ったのが当時の民主党政権だった事から、所属議員に様々な思いがあるのも事実で、私もそうした立場から質問するつもりです。





活動報告カテゴリー別
過去の活動
SSL GMOグローバルサインのサイトシール
公式サイトの確認方法