杉尾ひでや最新活動報告
2020年5月13日
本会議など
社会的注目を集める検察庁法改正案を含む国家公務員法等改正案の衆議院内閣委員会での質疑が始まりました。今日の質問者はご覧の通りです。トップバッターの今井議員が法務委員会との連合審査会開催拒否に対する抗議から質疑を始めました。本日中の採決はありませんが、明日以降の日程は何も決まっていません。
午前中は参議院本会議がありました。議題は国家戦略特区のスーパーシティ法案でしたが、福島瑞穂議員は質問の冒頭、検察庁法改正案を巡って森まさこ法相に質しました。一方、衆議院の内閣委員会では検察庁法改正案の審議が行われていますが、こちらには森法相は出ず、国家公務員の定年延長を所管する武田大臣だけが出席。ところが、武田大臣が検察庁法改正案について満足な答弁が出来るはずもなく、審議は度々中断しています。こんな状況で採決なんて出来るはずもありません。
森まさこ法相
検察庁法改正案を審議する衆議院内閣委員会は、森法相が出席しておらず、武田大臣の答弁が余りに不十分で審議が続けられないことから、立国社の統一会派と共産党が退席。そのまま休憩となりました。
自民党で内閣委員を務める泉田裕彦氏(元新潟県知事)が検察庁法改正案を強行採決する場合は退席する旨、与党の理事に伝えたことを明らかにしました。その後、ご本人は内閣委員を外されることを伝えられたらしいですが、与党の中からもこうした良識ある行動を取る議員が続いてくれることを期待します。

https://twitter.com/IzumidaHirohiko/status/1260421556334989319





活動報告カテゴリー別
過去の活動
SSL GMOグローバルサインのサイトシール
公式サイトの確認方法