杉尾ひでや最新活動報告
2020年5月18日
検察庁法改正案 見送りに!
今朝の一部報道によれば、検察庁法案の今国会成立見送りが政府与党内で浮上しているそうです。しかし、先週末に自民党の森山国対委員長が採決強行を一旦は明言したこともあり、ここで気を抜く訳には絶対にいきません。今日は参議院でも緊急に議員が集まり、今後の方針を確認します。我々も検察庁法の見送り目指して最後まで頑張りますので、引き続きの皆様のご支援よろしくお願いします。
検察庁法案の採決を政府与党が見送りの方針との報道がありますが、正式な話はまだありません。一般の国家公務員の定年延長との束ね法案になっているので、状況がハッキリしない限り軽々にはモノが言えません。こうした混乱の中で、これからの委員会の運びなどを巡り、党内の会議や委員会の筆頭間協議などを断続的に行っています。
写真2
検察庁法改正案を巡り、先ほど開かれた与野党国対委員長会談で、今国会成立を断念する旨の表明が与党側からなされました。これにより検察庁法と合わせ国家公務員法、地方公務員法も継続審議になることに。そのかわり野党側は武田大臣の不信任決議案を撤回しました。
今回の異例ともいえる政府与党の対応は、とりも直さず安倍政権が提出した検察庁法改正案が「天下の悪法」であることを証明するものであり、また国民の皆様お一人お一人が強く抗議の声を上げて下さった結果と感謝申し上げます。
そもそも、私たちは国家公務員の定年延長自体には賛成の立場ですが、検察庁法改正案の中の、特に幹部の役職定年の延長の「特例」に強く反対しています。これはあくまで「継続審議」ではなく「廃案」にするのが筋です。これからも政治による「検察支配」が進まないよう廃案に向けて頑張ってまいりますので、引き続きのご支援よろしくお願い致します。
なお、今回の政府与党の決定については、明日の参議院内閣委員会でも私から政府の考え方を質す予定です。





活動報告カテゴリー別
過去の活動
SSL GMOグローバルサインのサイトシール
公式サイトの確認方法