杉尾ひでや最新活動報告
2020年10月5日
日本学術会議の任命拒否問題にて聞き取り調査
日本学術会議の任命拒否問題で、当事者の一人である早稲田大学法学学術院の岡田正則教授からお話を伺いました。今回はわれわれ野党ヒアリングのメンバーが、国会から川崎市新百合ヶ丘に出向いての聞き取り調査となります。
この中で岡田教授は、今回の問題が及ぼす影響の深刻さに言及。「個人の学問の自由が侵害された訳ではないが、日本の学術自身が攻撃され、外堀が埋められた。批判的な事をするとどんな形で攻撃されるかわからないという疑心暗鬼が広がり、当然の事ながら萎縮効果が働く」と語り、例えば大学などの研究予算や、国会参考人招致での野党からの出席要求など様々な具体例を挙げて、リスクを取れなくなることへの問題点を指摘しました。
今回の問題ではネット上で、10億円の予算が国から学術会議に出ていることや、会員への高額報酬や年金など事実でない話まで書き立てて、人事介入は当然とする論調も見られます。しかし、学術会議は法律で規定された特別な行政機関であり、人事に介入しないと歴代政権が繰り返し説明してきた国会答弁は動かせません。
今日のヒアリングや数々の資料を基に、明後日の内閣委員会の質問をこれから組み立てます
写真2
長野に戻ると寒い。20時前で気温17℃。明日の最低気温は10℃の予報らしい。タクシーには暖房が入ってる。





活動報告カテゴリー別
過去の活動
SSL GMOグローバルサインのサイトシール
公式サイトの確認方法