杉尾ひでや最新活動報告
2020年10月14日
新しい立憲民主党・長野県連設立の覚書調印式など
今日午前、 新しい立憲民主党・長野県連設立の覚書調印式がありました。旧立憲民主党県連代表の私と、旧国民民主党県連代表の篠原孝衆議院議員が出席、設立覚書にサインしました。
篠原さんが代表で、私が代表代行。そして、下條みつ衆議院議員が幹事長、羽田雄一郎参議院議員が副代表兼選対委員長というのが新しい布陣です。今度の日曜日18日に松本で結成集会を開き、新県連が正式にスタートします。
調印式後の記者会見で私から、スムーズに県連がスタートする事をご報告させて頂くと共に、「政権交代の狼煙を、この長野県から上げる」と強調しました。
これから、国会での会議のため東京に向かいます。
今日の立憲民主党長野県連発足の覚書調印が、各局のニュースになっていました。我々は一致結束し、県民と国民のための政治と政権交代に向けた狼煙を、この信州の地から上げていきます。

https://www3.nhk.or.jp/lnews/nagano/20201014/1010015528.html
長野から上京して2つの会議に相次いで出席しました。
最初は給付金に関する野党合同ヒアリング。パートの女性や、大企業勤務の非正規雇用者に休業支援金が支払われていないという具体例を挙げながら、給付用件の緩和や速やかな支給を担当の役所に求めました。ちなみに、この休業支援金は予算の執行状況がまだわずか3%で、申請協力を拒む企業が続出しているのがその大きな理由。早急な制度の改善が必要です。
もう一つが立憲民主党の幹事長部局の定例会議。機関紙の発行状況の報告と共に、党としてのネット広報体制構築の必要性を訴えました。
長野県は8位。去年より2つ順位が上がりました。

https://diamond.jp/articles/-/250981?page=2&display=b&fbclid=IwAR11y-iBTfHqud0HpXzQ8DKzOBwDvaqEjSbUqOn1KzrsdyQLyUAignYcWY0





活動報告カテゴリー別
過去の活動
SSL GMOグローバルサインのサイトシール
公式サイトの確認方法