杉尾ひでや最新活動報告
2020年11月11日
要望、参議院憲法審査会など
新型コロナ特措法の改正案の骨子がまとまり、会派の内閣・厚労合同部会にかけました。
この法律案は、感染症対策実施のための国と地方との連携強化や、休業要請に伴う支援給付金の支給、検査体制の充実などを内容とするものです。
今日の会議で議員立法の法案登録が了承され、今後さらなる修正や議員間討議を経て、正式決定される運びとなります。このところ全国的に新型コロナの感染が急拡大し、第三波が来ていると認められることから、会派として国会中に法案を提出したい考えです。
参議院憲法審査会の委員になって初めての委員会。林芳正会長(自民)が、会長代理に那谷屋正義氏(立憲民主)を会長代理に指名して2分で終了しました。
地元の佐久地域の市町村長から中部横断道の早期実現に関する要望書を。また、松本市の臥雲市長から中部縦貫道の早期完成に向けた提言書を、それぞれ受け取りました。いずれも地元の自治体と周辺住民の皆さんにとって長年の懸案です。
続いて会派の国対と各委員会理事との合同会議があり、今後の国会のスケジュールを確認しました。
写真2
写真3
「中小の我々は必要とされていないのか」関係者からは嘆きの声が聞こえてくるー。
 これまでの野党ヒアリングで私が何度も指摘した事。大手やネット事業者との間の不公平・不公正をこれから埋めていく施策が必要なのではないか。これは、地方の中小零細事業者についても言える事。

https://mainichi.jp/articles/20201110/k00/00m/040/104000c...
上田市の土屋市長と、東御市の花岡市長から国道18号線バイパスの早期完成など道路関係の要請あり。
続いて、党の憲法調査会で、合流新党の憲法についての考え方をまとめる議論に加わりました。日本国憲法の3大原則の堅守と、自衛隊を明記する自民党改憲案に反対し、立法事実に則った憲法議論を進めることなどが明記されています。
そして、夕方は当の幹事長部局の会議に機関紙局長として出席しました。
写真2
写真3





活動報告カテゴリー別
過去の活動
SSL GMOグローバルサインのサイトシール
公式サイトの確認方法