杉尾ひでや最新活動報告
2020年11月12日
内閣委員会など
午前中は内閣委員会でした。
国会が始まり、最初の予算委員会が終わると、まず各委員会で担当大臣の所信を聞きます。内閣委員会はカバー範囲が広く、今日の委員会では加藤官房長官はじめ9人の大臣から所信聴取をしました。来週はこれに対する質疑で、私が質問に立つ予定です。
続いて、新型コロナ感染実態解明の野党合同ヒアリング。ここに来て感染が再び急拡大する様相を見せており、私も政府側の認識を質しましたが、検査拡大への取り組みを含めて政府の腰が重く、危機感が薄いのではないかとの懸念を強くしました。これも来週の内閣委員会質疑の大きなテーマです。
そして、お昼は所属する党内の菅グループの集まり「国のかたち研究会」へ。原発や、種苗法など様々なテーマで意見交換中。
写真2
写真3
今年度の治水事業促進全国大会に出席しました。会場いっぱいに、全国からかなりの数の自治体の首長さんらが集まっています。
私が役員を務める議連等の会議が続きます。
まず、党のデジタル政策PTで内閣官房からデジタル庁構想についてのヒアリング。ところが、今日の話を聞く限りでは、デジタル庁が担当するのは政府と地方自治体の情報システムの統合や、運用と予算の一元化などショボい話ばかり。それくらいなら、何もデジタル庁など作らなくても出来る。霞ヶ関の「焼け太り」にならないか?
そして、合流新党になって新たにスタートした「建設技能者の育成を支援する議員連盟」の最初の総会。 会長に枝野幸男代表が就任し、会員も90人近くの規模になりました。今日は建設業界のコロナによる影響や課題などをヒアリング。





活動報告カテゴリー別
過去の活動
SSL GMOグローバルサインのサイトシール
公式サイトの確認方法