杉尾ひでや最新活動報告
2020年11月19日
タクシー政策議員連盟総会よりスタート
タクシー政策議員連盟の総会が開かれました。前の会長の増子議員が自民党に移った事から、新会長に辻元清美議員が就任。今日の総会では新型コロナに伴うタクシー業界の窮状や、車内の感染対策に対する公的補助の適用、それにライドシェア導入への警戒論などが相次ぎました。高齢化、過疎化の進展に伴い重要性を増す、地域公共交通としてのタクシー業界を、議連として引き続き支援して行きます。
写真2
昨日の委員会質疑が地元の信濃毎日新聞のスピーク欄に取り上げられました。
今日の午後は会議の予定がびっしり。
まず、会派の国対・理事連絡会で各委員会の進行状況を確認。続く内閣部会では議員立法の審査と国会同意人事についてのヒアリング。そして、地元長野から来られたJA長野中央会の伊藤会長と青年部の三井会長らから、農業関係予算や新型コロナ対策費等について要望を聞き、意見交換しました。さらにこの後も公務員の組合から財政に関する要請を受けたほか、党の憲法調査会で「憲法論議の指針案」のまとめや、国民投票法改正についての法律家団体からのヒアリングに加わりました。まさに分刻みのスケジュールです。
写真2
写真3
写真4
1日の全国の感染者が初めて2000人を越えました。昨日の国会質疑でも指摘した通りです。
そして、感染者急増について昨日、西村大臣は「GoToがきっかけとは思っていない」と私の質問に否定していました。ところが、日本医師会の会長は全く違う見解を示しています。
ここは政府内でもきっちり検証して欲しい。そして、国民に責任を丸投げせず、政府としての方針を明確にして欲しいと思います。

https://mainichi.jp/articles/20201118/k00/00m/040/295000c
今晩立ち寄った新橋駅近くの飲食店街。どの店も道路に椅子を並べて、コロナ対策をしていました。最大限の自衛策を取っている様子が伺えます。





活動報告カテゴリー別
過去の活動
SSL GMOグローバルサインのサイトシール
公式サイトの確認方法