杉尾ひでや最新活動報告
2020年12月27日
大町へ
長野市内から見た、朝日に映える飯綱山。去年はこの時期にほとんど雪がなかったのに、今年は違う。雪はあれどもインバウンドの観光客が全く来ないのが、何とももどかしい。
長野から大町市に向かっています。信濃大町や白馬に近づくほど雪深くなってきます。大町市街から見る北アルプスはまさに絶景。
写真2
私は高校は兵庫県の加古川に通っていましたが、同じ加古川出身の人が大町市でコーヒー店を開いていると聞いてやって来ました。自家倍煎珈琲屋「UNITE」。ここの経営者の松浦さんはスケボー好きで、白馬に通いつめているうちにこの地に住み着き、珈琲焙煎の仕事を始めたんたそうです。豆の産地も様々で、深煎りから浅煎りまで、好みのものが選べる上、地元の名水で入れたコーヒーはとても優しい味わい。お店もお洒落で居心地のいい空間になってます。
ちなみに、松浦さんは長野コーヒーフェスティバルの会長もされています。これからも長野県を珈琲で盛り上げて下さい。
写真2
写真3
大町市の自家焙煎珈琲店「UNITE」を経営する、兵庫県加古川市出身の松浦さんがもう一つ関わっているのが、地ビール工場兼ビールバーの「北アルプスブルワリー」です。北アルプスの美味しい水でビールを作ったらどんな味になるだろう?
という好奇心からビール造りがスタート。去年夏にオープンしたこの工場から産み出されたコーヒー風味の地ビールは、今年世界的な賞も受賞しました。松浦さん達は材料にこだわり、小麦はもちろん地元産で、ホップまで自分達で作りたいとのこと。地域の活性化につながるこうした取り組みを私達も応援したいと思います。
写真2
写真3





活動報告カテゴリー別
過去の活動
SSL GMOグローバルサインのサイトシール
公式サイトの確認方法