杉尾ひでや最新活動報告
2021年7月12日
婦人会集会、千曲川堤防改修促進期成同盟会総会
長野市内でご婦人方の集まりがあり、顔を出させて頂きました。新型コロナで亡くなった羽田雄一郎さんの思い出。そして、国政の状況や、加藤長野市長の後継の市長選挙の見通しなど、よもやま話に花が咲きました。立憲民主党がもっと頑張らなければとのありがたいエールも。心して受け止めさせて頂きました。
写真2
長野市篠ノ井地区の千曲川堤防改修促進期成同盟会の総会に出席しました。
一昨年の台風19号災害で、長野市内では長沼地区の堤防決壊がメディアで大きく取り上げられましたが、実は長野市南部の篠ノ井地区でも内水氾濫や堤防の欠損が起き、多くの住戸が床上・床下浸水の被害に遭いました。この期成同盟会は同様の水害が二度と起きないようにするため、堤防の早期強化や、河道掘削など信濃川水系緊急治水対策プロジェクトの促進を求めています。また、こうしたハードだけでなく、速やかな情報伝達も含めたソフト対策も重要です。
写真2
国道19号線の長野市小松原地先の土砂崩れによる全面通行止めに関して、国土交通省より新しい情報が入りました。
それによれば、まだ地面は動いており、全面開通に関してはまだ具体的に確定はできないそうです。しかし、明日開かれる対策委員会で了承が得られれば、当面の対応として昼間だけ片側通行(夜間は通行止め)にするそうです。開通に関しては決定次第、連絡が来ることになっていますので、その際はまたお知らせします。今しばらくご不便をおかけしますがよろしくお願いします。(写真は国土交通省長野国道事務所HPより引用しました)





活動報告カテゴリー別
過去の活動
SSL GMOグローバルサインのサイトシール
公式サイトの確認方法