杉尾ひでや最新活動報告
2021年7月19日
国道406号 整備促進期成同盟会総会、野党合同ヒアリング
今日午前は、長野市内で開かれている「国道406号 整備促進期成同盟会」の総会に出席し、ご挨拶させて頂きました。最近起きた国道19号線の土砂崩れで、長野と大北地域を結ぶ交通が大きな影響を受けている事から、国道19号線のバイパス機能や、観光、生活、それに産業等における国道406号線の重要性を指摘。各所に残る狭隘区間等の整備促進が重要と訴えました。
軽井沢は夏真っ盛り。新幹線も軽井沢から大勢の乗客が乗って来ました。
地元からいったん国会に戻って「東京オリンピック総点検 野党合同チーム」のヒアリングに出席。ここでまず取り上げられたのが「15分ルール」の問題です。
オリパラ関係者は15分間に限ってホテルから自由に外出できるルールが、いつの間にか組織委員会で作成されていたことが分かりました。これは食事などホテル内で取ることになっている、プレーブックの原則に反する事は明らかです。この「15分ルール」について、政府のオリパラ事務局にルールブック違反を認めさせた上で、撤回するよう検証チームとして強く求めました。
さらには、南アのサッカー選手から陽性者が出た問題に関連して、情報公開の徹底や、濃厚接触者の出場の可否、それに21日の日本戦が実施できるがどうかなど、意見や質問が相次ぎました。
さらには、オリパラの音楽担当者の障がい者イジメなど、次から次に問題が持ち上がります。それでも日本政府と組織委のトップ達は、どんな問題が持ち上がろうとも、とにかく開催さえすればこっちのものとでも思っているのでしょうか?
写真2
いやぁ、東京は暑いですね。今日の最高気温は長野のほうが少し高かったかも知れませんが、湿度の問題か、とにかく過ごしやすさが全く違います。そして、国会でのスケジュールを済ませ、これからまた地元へとんぼ返り。打ち合わせの予定が入っています。皆さん、引き続き熱中症に御注意下さい。





活動報告カテゴリー別
過去の活動
SSL GMOグローバルサインのサイトシール
公式サイトの確認方法