杉尾ひでや最新活動報告
2021年10月11日
「We Need Culture」収録、党ネット番組生配信など
午前中は国会事務所で文化芸術関連団体「We Need Culture」からリモートによるインタビューを受けました。
テーマは「各党の文化政策を聞く」。シンガーソングライターのNozomi Nobodyさんと、馬奈木弁護士(先の通常国会の重要土地法案審議でも参考人として委員会に来て頂きました)の二人が聞き手で、来る総選挙で掲げる文化政策について党を代表してお話しました。具体的には
・コロナ禍の文化芸術の現状
・コロナ禍での文化芸術に対する支援策の評価
・立憲民主党の文化芸術に関する公約
・これまでの文化芸術に関する党公約と今回の違い
・コロナ終息後の文化芸術に関する支援策
・今回の衆議院選挙への思い、などです。
番組は30分程度で、YouTubeなどで配信が予定されているそうで、日時など分かりましたら改めてご連絡させて頂きました。
「ありがたい話」
昨夜、中央線の特急「あずさ」に乗って長野県の茅野から東京に戻る際、新宿駅でJRから私鉄に乗り換えようとしたところ、ズボンのお尻ポケットに入れていた定期入れがありません。スイカ、免許証、健康保険証、参議院の身分証明書など大事なものばかり入れてあったため真っ青になりましたが、念のためJR東日本のHPにあった「お忘れ物チャット」に昨夜登録。すると、今日のお昼になってメールバックがあり、千葉の幕張本郷駅で回収され、駅の改札に保管されていることがわかりました。乗車した「あずさ」が珍しく千葉行きだったため、幕張の車庫で発見されたんですね。良かった!助かりました!JR東日本さんありがとう!
そして先ほど、速攻で幕張本郷駅まで行き、無事回収して来ました。これで安心して今晩の国会解説に臨めます。「忘れ物」チャットは、24時間受け付けてますし、スグレモノです。
本日から始まった衆議院の代表質問。枝野幸男代表と、辻元清美副代表の代表質問の内容と、これに対する岸田総理の答弁を私が解説しました。途中から、明日の参議院代表質問に登壇する福山幹事長も参加。全体的な評価から、個別具体的な政策論争まで、予定より少しオーバーして1時間強、詳しく説明しました。総じて言えば、岸田さんが新たに打ち出した「新しい資本主義」などの政策はいずれも曖昧模糊としている上、安倍・菅路線からの転換も見えません。野党には政策がない、などといった印象論に振り回されることなく、来る総選挙ではしっかりと判断して投票してほしいという思いを込めて放送しました。
録画はこちら(https://cdp-japan.jp/news/20211008_2298)で何時でも見られますので宜しくお願いします。
写真2
写真3
写真4





活動報告カテゴリー別
過去の活動
SSL GMOグローバルサインのサイトシール
公式サイトの確認方法