杉尾ひでや最新活動報告
2018年3月12日
「森友文書ねつ造問題」野党合同ヒアリング
「森友文書ねつ造問題」野党合同ヒアリング。財務省からの説明を受けて2時間余りやり取りしましたが、理財局の一部が独断でやったかの如くの説明は全く納得出来ません。消された文書の中には、複数の政治家や昭恵夫人に関する記述が何度も出て来ます。また、森友学園の説明として「日本会議大阪」や、「日本会議国会議員懇談会」の存在が書かれ、懇談会役員として麻生財務大臣、安倍総理、平沼赳夫議員などの名前が列挙してあります。これを見ても、本件の特殊性は明らかで、だから文書を改ざんしてでもそうした痕跡を消そうとしたことが良く分かります。これほど大規模な公文書改ざんはまさに歴史上初めてで、誰が、いつ、どう指示したのか、引き続き真相を究明しなければなりません。
写真2
写真3





活動報告カテゴリー別
過去の活動
SSL GMOグローバルサインのサイトシール
公式サイトの確認方法