杉尾ひでや最新活動報告
2018年4月10日
離党記者会見
今回の私の民進党離党と立民入りの経緯や理由などについて、東京と長野で記者会見させて頂きました。以下はその原稿の抜粋です。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
私はこの度、民進党からの離党を決意し、先ほど大塚代表宛の離党届を増子幹事長に提出させて頂きました。近く立憲民主党に入党届を提出する予定です。

昨日、民進党の大塚代表と、希望の党の玉木代表による党首会談があり、そのすぐ後に最初の新党協議会が開かれました。一連の動きはあまりに唐突かつ性急であり、事前に「GWまで」と期限を切るかのような再合流話には、残念ながら賛成するわけには参りません。

 そもそも、私はこれまで「民進党」と「希望の党の一部」との合流については、一貫して反対の立場を貫いてきました。もちろん、かつての民進党の仲間であり、政策の面でも共通点が多く、また若手の有望な議員が多い希望の党の「一部」との将来の再合流を、私は「完全否定」している訳ではありません。
・しかし、昨年の総選挙で民進党が分裂し、立憲、希望、無所属と分かれて戦った経緯。
・そして、国民の間にはなお「希望の党」を、憲法や安保政策などで「自民党の補完勢力」と見る向きがあること。
・さらには、現在、野党第一党である立憲民主党を抜きにしての野党再編はあり得ず、今回の合流話が逆に立民の姿勢を硬化させ、野党再編の阻害要因となりかねないことなど数多くの懸念があります。

 また、何より森友問題や自衛隊の日報問題などで安倍政権が窮地に陥っている最中での合流協議は、タイミングとしては最悪であり、敵に「塩を送る」ことにつながりかねません。

さらには、今回の合流話が、国民の目から見れば政策を抜きにした単なる「数合わせ」と見られないか。そして、もともと「寄り合い所帯」で「バラバラ」と批判された旧民主党=民進党に、そのまま戻る事につながれば、今度出来る新党が、また「いつか来た道」となりかねない事を危惧します。

 私は去年の民進党代表選挙で枝野さんの推薦人として応援しました。また、憲法、安保、原発など基本的政策で枝野代表と考え方が近く、さらには「下からの民主主義」を掲げ、野党協力や幅広い市民グループとの連帯を重視する政治姿勢も共感するところです。

このため、私は去年の結党時から立憲民主党にシンパシーを持ち、立民入りのタイミングを伺ってきましたが、「野党再結集への戦略など事態を冷静に見極めるべきだという」という、多くの同志や党関係者からの呼びかけに応じて、これまで民進党に留まって来ました。

しかし、この度、新党協議会がスタートし、もはや後戻りできない段階に至ったことから、本日をもって民進党を離党し、立憲民主党に入ることを決断した次第です。

今後の事について。これは全くの私見ですが、当面「立民系」と今回出来る「新党系」、そしてどちらにも属しない「無所属系」にいったん分かれて、それぞれ得意な政策を磨く。ただ、相手は「安倍自民」であることは共通していますし、一強体制に立ち向かうためには野党がバラバラでは到底、戦えませんから、国会対応や選挙では、野党間でしっかり協力しながら、将来の再編に備えるという戦略を描いています。

安倍一強体制が行きつく所まで行きつき、独裁的とも言える政治手法のゆがみ、歪みが極まった今こそ、野党が結集して安倍政治の終焉に導く。そして、政権交代可能な政治体制をもう一度、日本に作り出して、真に国民のための政治を実践する。そのための戦略的役割分担こそが必要であり、今回の私の行動がそのためのささやかな一歩となればと考えています。





活動報告カテゴリー別
過去の活動
SSL GMOグローバルサインのサイトシール
公式サイトの確認方法