杉尾ひでや最新活動報告
2019年1月28日
第198通常国会開会
第198通常国会が召集されました。
本会議に先立ち9時半から議員総会が開かれ、新たに会派に加わった又市、福島両議員が挨拶。又市氏「衆参共に野党第一会派は同じであるべき」。福島氏「力を合わせて存在感を示し安倍政権を打倒しよう」。
また、新たに会派の移動の関係で座席が大幅に変わりました。立憲民主党は正面向かって右側から左側へ。公明党と共産党の間になりました。ただ、今後さらに会派の移動がある可能性があり、また席替えがあるかも分かりません。
なお、東日本大震災復興特別委員会は引き続き理事を務めさせて頂きます。
希望の会のおふたり
議場座席表
立憲民主党両院議員総会。インフルエンザから復帰したばかりの枝野代表から、新年と国会開会に当たっての挨拶と、野党党首会談の報告。参院選32のすべての一人区で速やかに候補一本化の調整を図ることが確認されました。また、新たに入党や会派に加わったメンバーの紹介も。いずれも重量級のメンバーばかりで心強い限りです。
※写真は国会TVモニターの接写です
午後1時からの通常国会開会式で、天皇陛下よりお言葉を賜りました。今の天皇陛下ご臨席の下での開会式はこれが最後ということで、参院選本会議場はこれまでにも増して衆参議員の出席が多く、私を含めて座りきれない多数の議員がいました。今の国会は陛下がおっしゃるように「国権の最高機関としてその使命を十分に果たし、国民の信託に応え」ているでしょうか?
※写真は国会TVモニターの接写です
総理の施政方針演説を始めとする政府四演説が先ほど終わりました。一言でいって、とにかく長かった。政策もこれまでの羅列で、同じスローガンの繰り返し。そして最後は「~しようじゃありませんか!」とお決まりのフレーズを連発する。何が重点政策なんだか全く不明で、もはや言葉で人を動かそうともしない。この人はただ長く政権を続けるのが目的なんだ、と見なすほかありません。これに輪を掛けて河野外相の外交演説も酷かった。まるで演説になってませんね。ただ自己満足のオンパレードで、本性がよく分かりました。その意味では興味深い四演説でした。
本会議に続く情報監視審査会。委員会のメンバーが共産党の仁比委員から、維新・希望の会の石井委員に交代したためで、石井委員から特定秘密の保秘に関する宣誓がありました。国会開会の際の会派の移動に伴い、こうした委員や理事の移動が行われています。
月刊雑誌「マスコミ市民」の600号・創刊50年 記念レセプションに出席してきました。鳥越俊太郎さん、佐高信さん始め、お世話になった親しい顔、顔、顔。これからも権力を監視するマスコミ本来の役割を、変わらず果たしてくれることを期待しています。





活動報告カテゴリー別
過去の活動
SSL GMOグローバルサインのサイトシール
公式サイトの確認方法