杉尾ひでや最新活動報告
2022年1月11日
私鉄長野県連旗びらきなど
昼過ぎから会派の「厚生労働部会・内閣部会・党子ども子育てPT合同会議」をズーム視聴。
18歳以下の子どもを対象とする10万円相当の給付が、9月以降に離婚して子育てをする一人親(数万人と見られる)に届かない事態が発生しています。これについて、実質的に子育てする家庭に届くよう独自の取り組みをしている明石市の泉房穂市長よりヒアリングしています。また、この問題については党として「離婚世帯等子ども給付金支給法案(通称)」の議員立法提出の準備をしています。
今日の午後は街頭活動からスタート。あいにくの雨の中を約50分間、柳町交番前交差点で街頭演説させて頂きました。多くの車からクラクションやお手振りを頂戴しています。
私鉄長野県連の旗びらきに来賓として出席しました。
新型コロナに明け暮れた昨年は、私鉄の現場で働く人達にとってたいへん厳しい1年でした。私も県連の皆さんと勉強会等を重ねて、現場からの要望を国政などにつないで来ましたが、今年はさらにそうした活動を強化すること。また、この30年間も労働者の賃金が全く上がらない現状を政治の責任と捉え、働く仲間が将来に希望が持てる政治と社会を作っていく決意を述べさせて頂きました。
長野から松本に向かう途中、長野ICに近い国道18号線(川中島)古戦場入口交差点での街頭演説。寸暇を惜しんで雨ニモマケズ、暗くなるまで話し続けました。途中、車の窓を開けて大きく手を振ってくれる人がいると思ったら、知り合いの近所の社長さんでした。雨の中をすいません。
松本地区労福協(労働者福祉協議会)の新春交歓会でご挨拶させて頂きました。
今日は長野の私鉄県連と、この会の他にも新年会が予定されていましたが、すべてキャンセル。また、予定どおり開かれた2つの新春交歓会も短時間の式典だけで、飲食を伴う懇親会は全て取り止めとなりました。目下の感染拡大状況を見れば当然の判断でしょう。オミクロン株の第六波を抑えるのがまず先決です。





活動報告カテゴリー別
過去の活動
SSL GMOグローバルサインのサイトシール
公式サイトの確認方法